漢方医学は、西洋医学の病名によって治療条件を決定するのとは異なり、「証」という漢方独自の概念により治療条件を決定し治療指示を行います。それは、患者の過去から現在「今」までの病態を現わす病像を、「望」「聞」「問」「切(接)」の四診によって総合的に判断を行い、東洋医学的(漢方的)療法の決定を行うものです。

現代、目まぐるしく変化する社会の中での多くの人達の健康願望にお応えすべく、漢方薬の荷居屋ではヒュ−マンな医学といわれる漢方医薬療法で、懇切丁寧に一人一人の方々のご相談を清水本店静岡支店の漢方専門薬局にてお受けしております。

また、現代人の「今」の“証”の健康に対するニーズを受け止め、それにお答えすべく、荷居屋の漢方薬局では、時代の要求に即応した漢方薬、、、昔から日本において使用されている馴染み深い日本漢方とともに、近年まで日本においてはあまり知られていなかった中医学:中国漢方をともに取り扱い提供するとともに、それらを適切に扱う質の高い漢方薬師の養成と漢方薬局製剤作りに努めております。


 天然資源物である漢方製品の有効性と安全性の確保をしていくのは、荷居屋にとっては最重要使命となっております。

「地道薬材」の理念で製造される荷居屋の漢方製品(薬局製造医薬品・医薬部外品・健康食品)は、より高い品質管理のもとで製造されるように、本社試験室では高速液体クロマトグラフィーをはじめとした最新機器や試験装備を整える事によって、日々、正確で迅速な対応ができるように心掛けております。



 

Niiya Kanpo Co.,Ltd